Cat Speak

札幌在住のWebデザイナー・コモモのブログ

ホーム > ウェブ制作Tips > WordPress > get_categoryの使い方について

get_categoryの使い方について

get_category(カテゴリID)で、指定したカテゴリの情報を取得します。

category.php

<?php
$cat = get_category( $cat );
var_dump($cat);
?>

カテゴリーアーカイブ(category.php)では、変数$catとすると、 現在のカテゴリIDが代入されるので、現在のカテゴリの情報を取得することができます。 出力結果

object(stdClass)#11 (15) {
["term_id"]=> &string(1) "8"
["name"]=> &string(12) "メディア"
["slug"]=> &string(5) "media"
["term_group"]=> string(1) "0"
["term_taxonomy_id"]=> string(1) "8"
["taxonomy"]=> string(8) "category"
["description"]=> &string(0) ""
["parent"]=> &string(1) "4"
["count"]=> &string(1) "5"
["cat_ID"]=> &string(1) "8"
["category_count"]=> &string(1) "5"
["category_description"]=> &string(0) ""
["cat_name"]=> &string(12) "メディア"
["category_nicename"]=> &string(5) "media"
["category_parent"]=> &string(1) "4"
}

取得した情報を取り出すには $cat->○○ とします。 以下の例では、現在のカテゴリ名と、親カテゴリIDを取得しています。

category.php

<?php
$cat = get_category( $cat);
$parentCat = $cat->parent;
var_dump($parentCat);
$catName = $cat->name;
var_dump($catName);
?>

出力結果

string(1) "4"
string(12) "メディア"

コメントを残す

人気の記事