Cat Speak

札幌在住のWebデザイナー・コモモのブログ

ホーム > ウェブ制作Tips > Photoshop > Web用写真の補正基礎知識2(トーンカーブ)

Web用写真の補正基礎知識2(トーンカーブ)

12月10日(土)のSaCSS Vol.30で、わたしがLTさせていただいた内容、Photohopでの写真補正基礎知識についてまとめています。気がつけばすっかり時間が立ってしまいましたorz

今回はトーンカーブについて。

この記事を読む前に、レベル補正について前の記事で紹介していますので、そちらもあわせてご覧ください。

  1. レベル補正
  2. トーンカーブ
  3. アンシャープマスク


こういうキレイじゃない写真がある時に、まず見るのは、「レベル補正」ということを前回の記事に書きました。

今回紹介するのは「イメージ>色調補正>トーンカーブ」です。

レベル補正の時と同じ写真を利用して解説して行きたいと思います。


トーンカーブを開くと、左のようになっています。

レベル補正のヒストグラムがここでも表示されます。「トーンカーブ表示オプション」で表示非表示の切り替えが可能です。


レベル補正と同様に、スライダを左に移動させ、使っていない色の領域をカットして、色を持ち上げます。
つまり、トーンカーブでもレベル補正と同じことができるので、最初からトーンカーブを開いてもかまいません。

しかし、Photohsopの古いバージョンではトーカンカーブでヒストグラムは表示されないし、また、正しくレベル補正の意味を知っておかないと、トーンカーブを理解することも難しいです。

スライダを移動させると、トーンカーブのラインにもポイントが追加され、写真が変化することがわかります。

レベル補正でさらに明るくする場合は、左図のように、真ん中のスライダを左に移動して中間調を持ち上げる必要がありました。


トーンカーブで同様の処理をするには、真ん中にポイントを打ち、ライン全体を弓なりに持ち上げます。

このようにラインを弓なりの形状にすることで、中間調全体が持ち上がって明るくなります。


反対に、写真を全体的に暗くしたい場合は、ポイントを下にずらして、ライン全体を弓なりに引き下げます。
この形状にすると、レベル補正で真ん中のスライダを右に動かした状態と同じです。

ここまでの処理は、レベル補正でできる処理とあまり変わらないように見えますが、トーンカーブではレベル補正よりさらに細かいニュアンスを写真に反映することができます。


たとえば、ポイントをうつ位置を変えて補正する中間調の位置を微調整したり、細かいところまで自分の思い通りの修正を加えることが可能です。

左の例では、写真の明るい部分の明るさはそのままで、暗い部分だけが明るくなります。


また、コントラストの低い写真の場合、左のようにS字カーブを描くことにより、コントラストの調整も可能です。


逆にコントラストの強い写真を弱めたい場合は、逆S字のカーブを描くように調整します。


また、よくあるのが左のような色のかぶった写真ですが、こういう場合はRGBの色の性質を利用します。
モニター上での「白」は、R(255)G(255)B(255)で表現されます。「グレー」は、RGBが同量ずつ含まれます。

情報ウィンドウを表示して、左の写真の「白」となるべき点にカーソルを近づけてみましょう。

G(グリーン)だけが、他の色と比べて多く含まれていることがわかります。つまり、グリーンをRBと同量程度に調整してやれば、正しい色合いになります。

チャンネルを「グリーン」に合わせ、写真の色合いを見ながらグリーンを下げます。その後、チャンネル「RGB」で全体の明るさを持ち上げました。

なお、このような白を基準とした色味の調整は「画像内でサンプルして白色点を設定」アイコンで調整することも可能です。アイコンをクリックしてから写真の中で最も白に近い点をクリックすると、自動で色を調整してくれます。
手軽ですが、やっぱり自分で色味を手動で調整した方がきれいに仕上がりますね。

このように、トーンカーブでは細かく写真のニュアンスを調整することが可能です。
Photoshopには、手軽に補正するためのメニューも用意されていますが、正しく写真データの意味を理解していないと間違った使い方をしてしまいがちです。
基本的に写真の補正は、特殊な加工をしない限り、レベル補正とトーンカーブを理解していればほとんど事足りると思います。(逆光写真はちょっと例外かな。。)

また、カメラの知識が少しでもあると補正の理解が深まると思います。私もカメラは詳しくないので、勉強しながら今後もこんな記事を書いて行くことができるといいなと思います。

コメントを残す

人気の記事