Web用写真の補正基礎知識3(アンシャープマスク)

12月10日(土)のSaCSS Vol.30で、わたしがLTさせていただいた内容、Photohopでの写真補正基礎知識についてまとめています。

Web用写真の補正基礎知識

  1. レベル補正
  2. トーンカーブ
  3. アンシャープマスク

今回は最終的にweb用写真として縮小したあとアンシャープマスクをかけるときの注意点についてまとめてみます。


前回までの記事で、レベル補正やトーンカーブ等で明るさを補正した写真が完成しました。

左の写真は元々は768×1024pxの写真です。写真クリックで元写真のサイズを確認できます。

この写真は不要な部分もいろいろ写ってしまっているので、料理部分だけを切り抜きつつ、サイズを縮小します。


「切抜き」ツールを選択して、サイズ(幅、高さ、解像度)を指定します。ここでは、幅300px、高さ225px、解像度72にしています。
私は複数枚の写真を同じ大きさにしたい場合にサイズを指定して切り抜きます。

不要な部分をトリミングしつつ、切り抜きたい部分をドラッグして、必要なサイズに切り抜きます。

必要な大きさ(300×225px)に切り抜きました。下の写真はもちろん実物大です。

画像の縮小をするとデータをリサンプリングするので、写真の輪郭がどうしても甘くなります。(この写真は撮影者の腕が悪いため、もともと少しピンぼけしていたんですけどね^^;)

そのため、写真を縮小したら「フィルター>シャープ>アンシャープマスク」を開いて、輪郭を引き締めてあげましょう。

上の例では、半径1.0ピクセル、量40%、しきい値0でアンシャープマスクをかけています。

「半径」は輪郭を際立たせる適用範囲です。半径を大きくしすぎると輪郭を際立たせるはずが逆になくなってしまiいます。左は半径80ピクセルにした場合の例です。
Web用写真の場合、写真のサイズやピンぼけ具合によりますが、だいたい0.5〜1.0ピクセルの間で固定します。

「半径」を固定して、画面のプレビューを見ながら、「量」を上げて行き、ちょうどよく写真が引き締まったと感じるところまで上げて行きます。左は量を500%にした場合の例です。上げすぎると写真がガサガサになってしまうので、気をつけましょう。
半径を0.5〜1.0ピクセルにした場合、量は100%以下が目安です。
量を上げても全く写真が変わらないと感じるようなら半径を少しだけ上げた方が良いかもしれません。

また、「しきい値」は輪郭の色の境界がよりはっきりしているところを区別します。基本的には「0」としておきます。
下左の写真は、しきい値を理解するため、大げさにシャープをかけたものです。半径1.0ピクセル、量500%、しきい値0です。
半径1.0ピクセル、量500%、しきい値100とすると右のようになります。
パスタやきゅうり部分のシャープが弱まって、オリーブやトマトなのどハイライト部分だけが際立ったのがわかります。

よく人物写真などを例に言われることが多いのですが、瞳や髪のハイライト部分に合わせてシャープをかけていたら、顔のざらつきや影等も目立ってしまったと感じた時に、設定すると良いです。

ちなみに最大値255にすると、元写真となんら変わらなくなってしまいます。
最初は0にしておき、気になったら設定するけど、基本的には0のままでかまわないです。

アンシャープマスクは写真が少し引き締まったかなと感じるくらいがベストだと思います。それくらいでけっこう写真の印象が違います。ついついかけすぎてしまうので注意したいところです。


SaCSSでLTしたとき、@6raokaさんに、写真をweb用サイズに縮小してから加工するのか、元のサイズで加工した方が良いのかという質問を受けました。
基本的には、なるべく大きいサイズで加工した方が写真データの情報量が多いので、元サイズで補正し、その後web用写真サイズに縮小→アンシャープマスクという流れが正解かなと思います。補正した写真を大きいサイズで保存しておけば、他の用途で使える場合もるかもしれませんし。

ここまで書いて、@6raokaさんに「スマートシャープ」についても質問を受けたなと思って調べてみたら、今まで意識したことがなかったのですが、CS2から「スマートシャープ」という新機能が追加されていて、アンシャープマスクよりも詳細に設定できるそうです。

Adobe Photoshop CS4 – Back to Basic「フォトレタッチ講座」
「アンシャープマスク」と「スマートシャープ」の使い分け

印刷用の写真でない限りは「スマートシャープ」を使用するのが一般的になっています。

そうなのかぁ。。まったく目に入っていなかったぁ(>_<)
復習しておいてよかった。CS2からあったなんて、見たいものしか見ていないものなんだなぁ。でもここまでアンシャープマスクについて書いたのでアップしておこうと思います。

そのうち、アンシャープマスクとスマートシャープの違いについて検証してみたいです^^;

Photoshop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*



y[W̐擪֖߂