Cat Speak

札幌在住のWebデザイナー・コモモのブログ

ホーム > お知らせ > 新刊「たった2日で楽しく身につくHTML/CSS入門教室」を執筆しました!

新刊「たった2日で楽しく身につくHTML/CSS入門教室」を執筆しました!

2016年3月16日発売、SBクリエイティブからの新刊「たった2日で楽しく身につくHTML/CSS入門教室」を@mori_koと共著で執筆しました!

Amazon たった2日で楽しく身につく HTML/CSS入門教室

公式サイト

3月17日現在、昨日札幌の書店にも並んでいるのを確認しました(^ ^)

最初にお話をいただいたのはかなり前で、SBクリエイティブの編集の三津田さんが札幌まで打ち合わせに来てくださったのが2014年10月のことでした。2015年12月を目標に書いてましたが、3ヶ月遅れでなんとか出版に漕ぎつけることができました(年度内に出版できたからなんとかセーフでしょうか・・)。

前著の「作りながら学ぶHTML/CSSデザインの教科書」を書た時もやはり大変だったので、次作を書く気持ちはあまりなかったのですが、三津田さんから「絵本にしませんか?」とお電話いただいて心が動きました。

元々漫画を読むのとても好きだったこともあり、企画をいろいろ考えているうちに、めぐりめぐって一部漫画入りの本になりました。

小学6年生のみさきくんが自分の合唱団のウェブサイトを作ろう!と考えることころから始まり、近所のパソコンおたくのお兄さんヘンリーが先生となって、ウェブサイト作りの基礎を学んでゆきます。

ogp_img

公式サイトでおためしまんがを読めるようにしていますので、よろしければご一読ください。

おためしまんが

前著は、主にウェブ制作者を目指す方をターゲットにしていたのですが、前著を教科書としたHTML/CSSの初心者向けセミナーを開催したところ、プロの制作者を目指している方以外にもさまざまな理由でHTML/CSSを学びたいと考えている方が多いことを知りました。

その後、専門学校で講師をはじめたのですが、わたしが受け持ったのは、「ウェブデザイン科」ではなく「グラフィックデザイン科」でした。彼らはデザインや絵を描くことは好きだし、真面目な子が多いのですが、半年全11回の授業を通して感じたのは、ウェブについてソースコードに対する恐怖心みたいなものを持っていたり、興味そのものが持てない子も多いということです。

ここでのわたしの役割は、たぶん「機会を与えること」だったと思います。

前著の段階では、プロを目指すのでなければHTML/CSSをわざわざ学ぶ必要は特にないんじゃないか、最低限ここまでは知っていないとプロになるのは難しいだろうという前提で書いていましたが、今回はその前提は取り払い、単純に学習への知的好奇心を満たすことのできる本にしたいと考えました。

そこで、特に次のことに気をつけて書いています。

  1. どんなPC操作レベルの方が読んでも、なるべく誰も途中で挫折しない
  2. ウェブサイト制作を通して、「学習すること」自体を楽しんでもらいたい

以前は誰がどこでどんな風に躓くのか想像できていなかったのですが、セミナーや専門学校で教えた経験がとても役立ちました。実際にハンズオンしてみると、HTML/CSSではなく、アプリのインストールや素材のダウンロード、テキストエディタの使い方、パスの概念などで躓くことがわかったので、この辺を省略せず丁寧に解説するようにしました。特に、テキストエディタは、自分の見ている画面と本の画面が一致していないと見失う場合もあるようだったので、1冊を通してBracketsで統一しています。

また、サンプルサイトは、みさきくんの主宰するどんぐり合唱団のサイトをリキッドレイアウトでスマートフォン・タブレットにも対応したサイトが作れるようにしました。

sample01

このサンプルを元に、本で学習した内容の範囲内で応用し、自分なりに色々試してオリジナルにカスタマイズできるような自由度の高い作りを大切にしています。

ちなみに、なかなか伝わらないのですが、自分で触って覚えるのが一番楽しく、やる気につながると考えているので、サンプルの自由度の高さは前著から一貫してこだわっている部分です。

今回は、サンプルをどんな風にオリジナルにカスタマイズしていったらいいのか、ヒントにつながるように、付録としてデザインサンプルを2つ用意しています。

・どんぐりスウィーツ

sample02

・モリコの動物フォトギャラリー

sample03

サンプルサイトを見る

敷居が高くならないよう価格も2,138円となるべくおさえてもらいました!ウェブサイト制作に興味がわいたという方はぜひお手にとっていただければ幸いです!

最後に、今回漫画やイラストを最後まで描くことができたのは、PaintMonster ArtStudioのMarty M Itoさんが主催するヌードドローイングに通ったおかげだと思います。ヌードドローイングももちろんですが、Martyさんに色々教わったことが描こうと思うきっかけになりました。でも、やっぱり絵はまだまだだなぁと感じたので、今年は絵のレベルアップをもう少し頑張ります。

付録のサンプル「どんぐりスウィーツ」用のお菓子を作ってくれたパティシエプログラマのちくわちゃん(@cafedomancer)、撮影におつきあいしてくれたマリちゃん(@marimelody11)、撮影場所と食器を提供してくれた青野さん、お世話になりました!

仕事やイベントに首を突っ込んだりして忙しくなってしまい、なかなか執筆が進まない中、辛抱強く待っていただいたSBクリエイティブ編集の三津田さん、今回は本当にご迷惑をおかけして・・

ご協力いただいた方々にお礼申し上げます。本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

コメントを残す

人気の記事